孤独死の家


●施工箇所      お亡くなりになっていた1階リビング、2階寝室

●施工年月日・期間  2014年5月

●施工目的      消臭

           

 

2014年5月に、独居死されて2カ月後に発見された方の家の消臭の依頼がありました。
消臭清掃を行ったがニオイが取れないということでしたので、特にニオイの気になる「お亡くなりになっていたリビング」と「上がってくるニオイが気になる2階の部屋」の2部屋を施工しました。

 

施工直後はまだ独特なニオイがしていましたので今回は少し時間がかかると感じました。

2週間経過してからオーナー様に同行確認して頂きました。

実際にお亡くなりになっていた箇所に直接鼻を近づけて嗅ぎましたがニオイは無くなっていました。良い結果が出てオーナー様にも納得していただけました。

 

★今回の施工では施工した部屋だけがニオイが気にならなくなりました。

これまで気になっていなかった「施工しなかった部屋」のニオイが強く感じましたので、まずは消臭清掃をして経過観察することになりました。
★エコララは、オゾン脱臭などの「今あるニオイだけを取り除く」ものではなく、じっくり時間をかけて「今あるニオイも、建物やじゅうたんなどにしみ込んだ後からじわりじわり出てくるニオイも取り除く」ものなので、孤独死、火災現場などにもお役に立てます。
今後、このような案件が日本全国で増えるだろうと思います。

 

 

多くの方にわかりやすくするために「孤独死」という表現を使用しております。ご了承ください。

 

 


エコララシリーズ製造販売元

グローバル・エコロジー(株)